こんなにある!金に関することわざ

金にまつわることわざ~日本語編
金は昔から価値のある物であり、富ひいては権力の象徴でもあったため、世界中に金にまつわる言葉が残されています。日本語ももちろん例に漏れず、金(≒富)に関係することわざが数多く存在します。金の力が絶大であることや、金の使い方への戒めや教訓が多く、金の存在が人々の日常生活にまで.....

詳細はこちら

日常生活の中にある身近な金を知ろう!

現代社会で欠かせない金
日常生活でもっとも直接目にする金は、おそらく金粉でしょう。金はその華やかさと高価なイメージから、和菓子や洋菓子、料理、お酒などにも使われています。食用金箔として販売されており、ケースにふんわりとたくさん入っているようですが、その重量は一般的な一ケースでなんとわずか0.005g程度.....

詳細はこちら

有史以来、文化、文明に寄り添ってきた金

世界最古のシュメールの金装飾品と古代エジプト
現在、人類最古の金製品は、紀元前6000年前にメソポタミアに文明を築いた古代シュメール人によるものだと考えられています。未だなお謎に包まれた高度な文明を持つシュメール人は、「アヌンナキ(神)は地球に金を掘りに来た」と粘土板に残しており、金が.....

詳細はこちら

金と貨幣、その深い関係と歴史

何故貨幣には金が使われるのか?
金は希少価値が高く、美しい光沢を持ち、また容易に加工できるやわらかな素材でありながら、錆や腐食に強い金属であるため、普遍的な価値を求められる貨幣として高い価値があるためです。原始的な貨幣経済が始まるまで、売買の取引は物々交換でした。しかし、物々交換ではお互いの物の価値を.....

詳細はこちら

具体的にはいくらになるの?
買取価格の算出方法

現金、プラチナの算出方法
金やプラチナなどの貴金属の買取はとてもシンプルです。「買取価格」×「重量」で算出されます。本来金の取引はグラムではなくトロイオンス(1トロイオンス=31.1035g)が使用されますが、日本では馴染みがない単位なのでグラム換算して算出に使用されています。例えば、K18の買取価格が3400円の場合、10gのK18チェーンは34000円になります。

詳細はこちら

初めての買取、
気になるポイントをチェック!

買取可能な金は?壊れていても大丈夫?
古くなったり壊れてしまって、もう使わなくなったジュエリー。いざ買取を考えた時に気になるのが「この状態でも買い取ってもらえるの?」という点。「壊れたり汚れたりしていたら、買い取ってもらえないかも」と不安になる方も多いのですが.....

詳細はこちら

意外と知らない金の本当の希少価値

地球上に存在する金はわずか23万トン
人類が金を手にして以来、6000年の間に採掘された金の総量は約17万トンといわれています。これはオリンピックの公式プール約3杯分。結構ある?と思われがちですが、実は非常に限りある資源です。WGCの調査によれば、地球上に残る金の総量は残り約7万トン前後と言われています。これはプールに換算すると.....

詳細はこちら

金は一体どこから?
産出量と採掘場所を知ろう

黄金の国ジパングは本当に金の国だった?
かつてマルコ・ポーロは日本を訪れ、「黄金の国ジパング」と伝えました。金箔で飾られた仏像や、金閣寺を前にすれば、その感想が出るのも当たり前かもしれません。しかし、果たして日本は本当に黄金の国だったのでしょうか?少し日本の金の歴史を紐解いてみましょう。実は日本人が金資源の価値に気付いたのは、.....

詳細はこちら

金の美しさを保つには、普段の扱いとお手入れが命

実は間違いだらけ?金製品の正しいお手入れ方法
そのジュエリー、研磨剤を使って磨いていませんか?金はとても繊細。シルバーアクセサリー用に作られているジュエリー用研磨剤を使うと、丈夫なK18でも傷が付いてしまうのです。せっかく綺麗に磨くつもりが、かえって傷をつけて金本来の輝きを損なってしまいかねません。特に石が使用されているジュエリーは、....

詳細はこちら

金の種類と人気を知ろう

どうしてジュエリーはK18?金の種類が増えた理由
金は柔らかく加工が容易で化学変化に強いため、様々な工芸品やジュエリー、電子機器の基板など、日常の多くの場所に使われている金属です。反面、純金は指で簡単に曲げてしまえるほど柔らかな金属でもあります。オリンピックの金メダルを選手が咥えるのは、かつて金貨を噛んで歯型がつくか否かで、.....

詳細はこちら

この金は本物?
買うとき、売るとき、その前に

○まず刻印をチェック、わからない時は磁石でチェック
金製品には、純金の分量が示された値が刻印されています。戦前の金製品には「純金」または刻印がないものも存在しますが、現在の日本製のアクセサリーにはほぼすべて刻印が押されています。つまり、刻印がない最近のアクセサリーは、基本的に金めっきと考えてよいでしょう。純金を表す「K24」、一般的に....

詳細はこちら

今、何故、高騰の中でも金は買われ続けるのか?

○10年も暴騰し続ける金相場、その理由とは
最大の理由は、全世界規模での金争奪戦が続いている為です。世界的に金地金を保有する動きが強まり、世界中の投資マネーが金を求めて市場に流入しているのです。1990年台は下降トレンドが続き、マイナス資産となっていただけに、この10年で、金に一体何が起きたのでしょうか。過去を振り返ると、....

詳細はこちら
ページトップへ