今、何故、高騰の中でも金は買われ続けるのか?

10年も暴騰し続ける金相場、その理由とは

最大の理由は、全世界規模での金争奪戦が続いている為です。世界的に金地金を保有する動きが強まり、世界中の投資マネーが金を求めて市場に流入しているのです。1990年台は下降トレンドが続き、マイナス資産となっていただけに、この10年で、金に一体何が起きたのでしょうか。過去を振り返ると、様々な要因が絡み合っていたことがわかります。実は金の史上最高値は、近年の暴騰中ではなく1980年でした。しかし、6945円という史上最高値を叩きだした金は、その後下落。1983年から始まった下降トレンドは転換することなく、1990年台は市場最安値の865円を記録するほどに価格が下がり続けました。そのため、鉱山の経営が悪化し、金は長らく減産が続いていました。経営悪化はその後も影響が続き、金価格が上昇に転じた2001年から、東京金相場で3300円台を記録した2008年まで、減産傾向にありました。つまり、金需要に対し、年間生産量が追い付かない状態にあったのです。しかし、鉱山開発や産出も順調になった今も金の高値推移が続くのは何故でしょうか。

それは世界的な金融不安から、機関投資家を中心に資産の一部を金にする動きが強まっているためです。また、各国の金融緩和によって金利が実質マイナスになっていることで、各国の中央銀行でさえ2010年以降は買いに回っているのです。通貨価値の目減りの回避やインフレ対策のため、国の資金までもが金地金を保有するように動き、金市場はまさに戦場の様相を呈しています。

こうして世界中の通貨が市場を流れる金を奪い合い、相場が上がり続けるという状況が続き、結果として10年以上に渡って金相場は暴騰を続けています。この状況は現在も続いており、今年も市場価格は高値で推移すると見られています。

何故市場は金を選ぶのか

市場が金を選ぶ理由としては、金は信用リスクのない無国籍通貨であることが、その大きな理由として挙げられます。サブプライム危機を発端に、アメリカから全世界に広がった金融危機が原因で、かつてのドル一極支配の時代が終わり、投資マネーは各国の通貨から信用度と安全性の高い金へと流入先を変えました。同時に、金融危機によってより身近になったインフレの脅威を意識し、株や証券、通貨よりも、普遍的価値が高くインフレヘッジの機能を持つ金に熱い注目が集まったのです。そして投資マネーを受け止める市場として、金地金を証券化した金ETF(Exchange Traded Fund)が登場し、機関投資家の金投資が容易になりました。先の見えない金融不安を背景に、多くの投資資金が金を求め、積極的に取引されるようになったのです。

こうした流れの中で、公的機関も売却から購入に転向し、更に大きな投資マネーが金へと流れ込みました。同時に、経済成長を続ける新興国の金需要も増加の一途をたどっています。特に二桁成長を続ける中国では金に対する投資需要が急増しており、中国国内の金鉱山開発も積極的に進められています。更に毎年2月の春節になると歴史的に金を市民が求めるため、通常よりも金需要が大きく跳ね上がり、金相場に大きな影響を与える存在となっています。

投資のための市場が整い、多額の投資マネーの流入によって安心資産としての金の資産価値が高まる中、金はより「有事」に強い資産として、この10年のあいだ需要が増加し続けているのです。

激化する金争奪戦、今後どうなっていくのか

おそらく金相場は引き続き高値を続けると予想されています。ひたすら上昇トレンドだった金も2014年に入り大幅な下落を見せ、今後金市場は下がり続けるのではないかともささやかれましたが、2015年には再び急上昇、1月には近年最高値の5383円まで上昇しています。これは何故でしょうか。

答えは、今までご説明した「市場が金を選んでいる理由」が一過性ではないためです。各国の動きはやや慎重になり、金の最大の買い手である中国もじっくりと市場を見ている状況ではありますが、歴史的に見ても中国は金を非常に重用してきました。そのため、今後中国が金を嫌う可能性は低く、一気に大幅買いに転じる可能性は大いにあります。また、同じく新興国の中でも金需要が高いインドは、ペースを緩めず順調に買いを続けています。例年通りであれば、この2国で新産金の5割以上を買い占めるでしょう。同時に世界規模での金融不安は続いており、EU加盟国のキプロスの債務問題などから、ヨーロッパを発端に金相場が急騰する可能性は今後もあります。去年の金相場下落の理由は、金の増産、機関投資家の資金流出、米国の金融政策などが挙げられます。

しかし、現在金の生産は不採算鉱山の操業停止などもあり、今までのような順調な増産は、今後緩和すると見られています。また、機関投資家の金ETF売却量は、年初の傾向から今年は大幅に減少すると見られています。更に米国の金融政策はドル増刷を終了し、利上げがほぼ確実視されているため、過去の利上げの局面から市場は上昇する可能性が高いと言われています。こうした各方面の要因により、今後も金の争奪戦は激化し、金は上昇トレンドが続くと予想されています。

金のマメ知識一覧へ

この金は本物?買うとき、売るとき、その前に

  • 店舗で買取
  • 今すぐ宅配で買取

  • 今すぐ店舗で買取
  • 今すぐ宅配で買取

コメ兵 お客様の声

お客様の声高梨美智子様

お店は雰囲気がとても良くて、いつもニコニコ笑顔で対応してくださるので、安心して行くことができます。お店の中もとてもキレイで感じがいいです。今後もコメ兵さんのお店を利用させていただきたいですね。

お客様の声小坂純行様

コメ兵さんの店舗は明るい雰囲気で、居心地がいいのが良いですね。いつ品物を売りに行っても、バイヤーの査定にブレがないところも好感が持てます。

お客様の声G.K様

まだコメ兵を知らない頃に、他店に行って査定をしてもらいましたが、とても安く見積もられてショックでした。コメ兵は接客も紳士的で、説明もわかりやすいので気に入っています。いい取引をするためには、いい店を選ぶことが重要ですね。

お客様の声H.T様

受付で接客をしていらっしゃる方は、とても笑顔がよくて美しい女性です。品物等の鑑定をなさる方も、笑顔でとても信頼できる方なので、安心しておまかせできます。

お客様の声S.Y様

高価買取をしてくれる店を探していたところ、友人が紹介してくれたのがコメ兵さんでした。担当してくれる方は感じ良く接客してくださったので、とても好印象でしたね。売りたいものや、買いたいものがある時は、よくコメ兵さんに行っています。


ページトップへ